一般社団法人 geoasia (ジオアジア) 研究所

SYSカムクレイモデル

SYSカムクレイモデル(Super/subloading Yield Surface Modified Cam-clay Model)

カムクレイモデルは、イギリス・ケンブリッジ大学の土質力学研究グループにより1960年代に開発された土の構成モデルです。限界状態理論に基づき、土の圧密特性とせん断特性を統一的に表現する有名なモデルです。
しかし、よく練り返して正規圧密状態にした土のデータから作られたものですから、自然の土には十分適用できませんでした。
SYSカムクレイモデルでは、「練返し正規圧密状態の土」と「自然の土」の違いを、土の骨格構造の働きとして説明し、カムクレイモデルの上に骨格構造として異方性・過圧密・構造の3項目を付け加えることで、あらゆる種類・あらゆる状態の土の力学挙動を、同一理論的枠組で表現しています。

Trivia



GeoAsiaの特徴 公表論文 委託業務 利用規約 動画配信(外部サイト) Bulletin(会報)
PDFダウンロード
Trivia(豆知識)

  • 一般社団法人GEOASIA®研究会
  • 〒464-8603 名古屋市千種区不老町
  • 名古屋大学大学院工学研究科土木工学専攻 地盤力学研究室内
  • ジオアジア研究会事務局
  • TEL:052-789-3834 FAX:052-789-3836 or 4624
  • TEL:070-3975-7614
|お問い合わせ  |サイトマップ   |免責事項   |リンク集   |English  Copyright (c) 一般社団法人 GEOASIA®研究会 GEOASIA® Research Society All rights reserved.