野田利弘理事によるウェビナー公開のお知らせ

 

国際地盤工学会(International Society for Soil Mechanics and Geotechnical Engineering)において、
New TC103 Course on “Performance assessment of soils and structures by numerical analysis”
と題した野田理事によるウェビナーが公開されています。

本ウェビナーは、
土~水連成弾塑性有限変形解析コード「GEOASIA」を用いて実施した準静的/動的問題における地盤および構造物の性能評価の例が提示されていますので、

是非、下記URLよりご視聴ください。

https://www.issmge.org/news/new-tc103-course-on-performance-assessment-of-soils-and-structures-by-numerical-analysis-by-prof-toshihiro-noda

令和4年講習会を開催いたします。

下記の通り講習会を開催いたします。

会員の皆様には、メールでお送りしたURLより参加申し込みをお願いいたします。

日時:令和4年4月15日(金)
15:00 ~ 17:00 令和4年講習会「落ち着かぬ大地(これまでの土質力学とこれからの土質力学)」
講師:野田利弘(一社)GEOASIA研究会理事、名古屋大学教授

場所:WEB 会議ツール「Zoom」を利用したオンライン開催。

以上

令和3年度総会を開催しました

令和3年8月27日(金)に、特別講演会、令和3年度第13回総会をオンラインにて開催いたしました。

オンライン開催にも関わらず約80名もの会員の方々にご参加頂き、ありがとうございました。

今年度は、熊本大学副学長、前地盤工学会会長 大谷順先生をお招きして、講演会を開催いたしました。大谷先生のこれまでのご研究に加え、現在の科学技術の動向も踏まえた地盤工学の位置づけや今後の方向性などについてご講演いただきました。

また、今年も懇親会を中止せざるを得なく、来年こそは大勢の方が名古屋に来ていただけること心から願っております。

今年度は、講習会の開催を予定しており、講習会の内容につきまして、アンケートをお送りしますので、ご協力のほどよろしくお願いします。

今後とも、研究会に益々のご支援の程、よろしくお願いいたします。

*講演会資料・総会資料を、会員専用ページよりダウンロードできます(事務局が発行したID, パスワードが必要です)。

令和3年度総会、特別講演会の開催について

毎年8月に名古屋大学を会場として開催しています本研究会の総会ですが、誠に残念ながら、本年度もWEB 会議ツール「Zoom」を利用してオンラインにて開催いたします。

また、今年度の特別講演会は、講演者として、熊本大学理事・副学長、前地盤工学会会長の大谷順先生をお招きし、ご講演いただきます。大谷先生のこれまでのご研究に加え、現在の科学技術の動向も踏まえた地盤工学の位置づけや今後の方向性などについてお話しいただく予定です。当研究会の会員の皆様にとって、とても有益なお話を伺えるのではないかと存じます。

ご多用のところ恐縮ですが、万障繰り合わせの上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

1.日時
令和3年8月27日(金)
14:30 ~ 15:30   特別講演会
15:45 ~ 16:30   総会

以上

令和2年度総会を開催しました

令和2年8月28日(金)に、研究報告会、令和2年度第12回総会をオンラインにて開催いたしました。

オンライン開催にも関わらず約75名もの会員の方々にご参加頂き、ありがとうございました。

今年度は、総会に先立ち、研究報告会を開催いたしました。

報告の7編は、口頭発表が中止された第55地盤工学研究発表会(京都)にて発表予定であった最新内容です。報告会資料・発表PPTを、「会員専用ページ」よりダウンロードすることができますので、ぜひご覧ください(事務局が発行したID, パスワードが必要です)。

また、総会後の懇親会も中止せざるを得なく、来年は盛大に開催できることを心から願っております。

講習会・シンポジウム・総会のご感想や研究会活動に関するご意見など、会員の皆様のお声もお待ちしております。メール等で事務局までぜひお寄せください。

今後とも、研究会に益々のご支援の程、よろしくお願いいたします。