一般社団法人 geoasia (ジオアジア) 研究所

過圧密

正規圧密状態にある粘土を(○)の状態から、除荷にして過圧密状態(●)にし、再び載荷すると、○にはもどらず「塑性変形」を伴い■の状態になります。除荷後の再負荷では、土は弾塑性挙動をしていることがわかります。
また、過圧密とは、土粒子がインターロッキング・ボンドで絡み合っているイメージですが、せん断・圧縮により、土のかみ合わせがはずれ、土は塑性的に膨張します。過圧密状態の喪失(過圧密から正規圧密へもどる)には、土が塑性膨張する方向に働くことになります。下図の赤点線がそのことを示しています。



Trivia



GeoAsiaの特徴 公表論文 委託業務 利用規約 動画配信(外部サイト) Bulletin(会報)
PDFダウンロード
Trivia(豆知識)

  • 一般社団法人GEOASIA®研究会
  • 〒464-8603 名古屋市千種区不老町
  • 名古屋大学大学院工学研究科土木工学専攻 地盤力学研究室内
  • ジオアジア研究会事務局
  • TEL:052-789-3834 FAX:052-789-3836 or 4624
  • TEL:070-3975-7614
|お問い合わせ  |サイトマップ   |免責事項   |リンク集   |English  Copyright (c) 一般社団法人 GEOASIA®研究会 GEOASIA® Research Society All rights reserved.