一般社団法人 geoasia (ジオアジア) 研究所

本震による不飽和土層の飽和化に起因した余震時液状化被害拡大メカニズムの解明

東日本大震災では千葉県内の埋立地において,本震の29分後に大きな余震が襲い,余震時に液状化被害が拡大したことが報告されている.これを念頭に,空気~水~土骨格(三相系)連成有限変形解析により,砂地盤(層厚20m,表面から2mが不飽和域)に地震動を入力した.動画は本震中,本震直後~余震直前および余震中の飽和度、平均骨格応力の状態をそれぞれ示す.本震時に地下水位が上昇し,高飽和度領域で平均骨格応力が低くなる.余震が起こると地下水位がさらに上昇して,これに伴い平均骨格応力がさらに低下,つまり液状化被害が拡大する.このような地震中・地震後の地下水位変動現象は,弾塑性構成式を搭載した三相系連成有限変形解析を用いれば表現可能である.

解析結果のご紹介



GeoAsiaの特徴 公表論文 委託業務 利用規約 動画配信(外部サイト) Bulletin(会報)
PDFダウンロード
Trivia(豆知識)

  • 一般社団法人GEOASIA®研究会
  • 〒464-8603 名古屋市千種区不老町
  • 名古屋大学大学院工学研究科土木工学専攻 地盤力学研究室内
  • ジオアジア研究会事務局
  • TEL:052-789-3834 FAX:052-789-3836 or 4624
  • TEL:070-3975-7614
|お問い合わせ  |サイトマップ   |免責事項   |リンク集   |English  Copyright (c) 一般社団法人 GEOASIA®研究会 GEOASIA® Research Society All rights reserved.