一般社団法人 geoasia (ジオアジア) 研究所

三次元的な地下構造を有する堆積盆地の弾性・弾塑性地震応答解析

地盤内に不均一な堆積構造が存在する場合,地表面では局所的な強震動や長時間に亘る地震動の継続を生じ,被害が甚大化することが知られている.
本研究では,三次元球形堆積盆地を対象に地震応答解析を実施した.
(1)
材料を一相系弾性体とした場合,
三次元構造に起因して,円環状のひずみ分布や複雑な波動干渉が解かれた.
(2)
材料を二相系弾塑性体として同様の解析を行った.緩い砂地盤を想定した場合,
堆積層全体での平均有効応力低下(液状化)と,それに伴い堆積層全体が流動する「スロッシング現象」が解かれた.

詳細は、こちら。

解析結果のご紹介



GeoAsiaの特徴 公表論文 委託業務 利用規約 動画配信(外部サイト) Bulletin(会報)
PDFダウンロード
Trivia(豆知識)

  • 一般社団法人GEOASIA®研究会
  • 〒464-8603 名古屋市千種区不老町
  • 名古屋大学大学院工学研究科土木工学専攻 地盤力学研究室内
  • ジオアジア研究会事務局
  • TEL:052-789-3834 FAX:052-789-3836 or 4624
  • TEL:070-3975-7614
|お問い合わせ  |サイトマップ   |免責事項   |リンク集   |English  Copyright (c) 一般社団法人 GEOASIA®研究会 GEOASIA® Research Society All rights reserved.